校長のメッセージ

八ヶ岳中央農業実践大学校 校長 大杉立(おおすぎりゅう)

 長野県八ヶ岳西麓、諏訪盆地を見下ろす標高1,300mの高原に拓けた270ha余の大農場、ここが八ヶ岳中央農業実践大学校です。本校は八ヶ岳を仰ぎ日本アルプスを望む雄大な自然環境のもとで、長い伝統に培われた実践的な教育を行っています。

 昭和13年、疲弊した農村経済の復興にあたる全国的指導者の養成を目的に本校は設立されました。初代校長は、元農林大臣の石黒忠篤先生、二代目校長は元高知大学学長の久保佐土美先生です。卒業生はおよそ3,500名で、国内・国外において農業経営者や農村の指導者としてはもちろんのこと、農業団体や政官界などで多くの先輩方が活躍されておられます。

 本校では、広大な農場をキャンパスにして、高原野菜やスイートコーンなどの畑作、シクラメンや宿根草などの花卉、乳牛150頭による酪農、採卵鶏9,000羽の養鶏など、耕畜両面にわたる農業を幅広く生産現場での実践をとおして学べるようになっています。また、生乳の他、ヨーグルト、アイスクリーム、チーズなどの乳製品加工にも取り組んでいます。生産された野菜、花、卵、乳製品は校内に設置された直売所やオンラインショップで販売されています。このように本校では、一次産業としての農業のみならず、二次・三次も加えた農業の六次産業化を実践体験を通じて学ぶことができ、これが本校の大きな特徴となっています。

 さらに近年は、首都圏、長野県内などから毎年1万人近い小中学生が農林業体験学習に訪れています(令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で大きく減りましたが、令和3年度は回復しつつあります)。子供たちに農業や食への関心を高めてもらうことはもちろんですが、「いのち」について学ぶ格好の機会ともなっています。また、社会人や高校生などを対象にした就農準備のための研修、官公庁団体等の新任者研修等幅広い分野の社会人を対象とした研修も行っています。毎年夏休みの時期には高校生などを対象として1週間程度の体験研修生を全国から受け入れています。

 このように、本校は幅広い方々を対象とした教育・研修をとおして、担い手の育成、農業への理解の促進などを進めており、日本農業の発展に大きく貢献しています。「農業を志される方」、「農業に夢をお持ちの方」、「自然とともに生きることを目指される方」など、多くの皆様方のご来校とご入学を心からお待ち申し上げております。どうぞ私たちとともに、この大農場で「夢」と「いのち」を育くみましょう。